インスタを活用したマーケティング方法

実際の活用事例

ユーザーにも参加してもらう

インスタグラムを用いてマーケティングをおこなううえで、ただ自社の商品の写真などを投稿しているだけですと、今ひとつ興味を持ってもらえない場合が多いです。
化粧品やスイーツのような、インスタグラム向けの見栄えの良い商品の場合には、クリエイティブな写真を載せることで大きな反応を得られることもありますが、インスタグラムとの親和性が低い、色味などが地味で写真映えのよくない商品の場合ですとそれも難しいでしょう。

そこで効果的なのが、ただ写真を投稿するだけでなく、ユーザーも一緒に参加できる企画を提案し導入するマーケティング方法です。
例えば、一般のユーザーの方に自社の商品を使用している写真を投稿してもらい、人気の高い写真には賞を与えて商品をプレゼントするなどのキャンペーンをおこなうことで、よりその商品が身近になるはずです。

コミュニケーションを取り入れる

インスタグラムでマーケティングをおこなうにあたっては、コメント機能やいいねの機能を上手に使うというのも大切かもしれません。
写真の投稿がメインとはいえ、インスタグラムもSNSである以上は、コミュニケーションを楽しみたいというユーザーがほとんどです。
そのため、マーケティングで商品を宣伝するにあたっても、一方通行にならないように、ユーザーとのコミュニケーションを上手に取り入れながら活用しているという企業も多くあります。

例えば、コメントを残してくれたユーザーは全員フォローしたりなど、何かしらアクションを残すことで、ユーザー側からしてみると置いてきぼりにされていないという安心感を得られるでしょう。
ここで大切なのが、特定のユーザーだけにアクションするのではなく、不公平感を生まないために、アクションを起こす場合には全てのユーザーにおこなう必要があります。


TOPへ戻る